サステナビリティ

エンジニアリングで地球と社会のサステナビリティに貢献する
Engineering for Sustainable Growth of the Global Community

社長メッセージ

TOYOは、2009年にグループMVVを定めました。ミッション(使命)は“Engineering for Sustainable Growth of the Global Community”です。お客様の多種多様な課題に対し、地球と社会の持続的成長に不可欠である「エネルギー・素材の供給」と「地球環境保全の調和」を重視した解決策を提供することがエンジニアリング会社の役割であるとの決意を宣言したものです。
近年、気候変動に伴い激甚化する自然災害などが世界中で巻き起こっています。地球と社会の持続的発展は、経済成長という一方向への進化では満たせないステージにあることを実感します。
国連が採択したSDGs(全世界共通の持続可能な開発目標)の観点から企業活動を定義し直す動きが顕著となっている流れを受けて、TOYOのマテリアリティ(重要課題)を「環境調和型社会を目指す」「人々の暮らしを豊かにする」「多彩な人がいきいきと働く」「インテグリティのある組織をつくる」、この4項目に設定しました。
エンジニアリングに求められる価値を私なりの言葉にしてみると、「人類が長年磨き上げてきた要素技術の、結合・統合・深化によって、要求性能を満たし、技術的解決案を具現化し、あるいはこれまでになかった新たな価値を創造すること」と捉えています。技術革新の速度は日毎に増すばかりですが、エンジニアリングの提供価値は無限に広がり続けていくことは間違いありません。だからこそ、時代のニーズを常に先取りし、技術力を磨き続けることによって、TOYOは「地球と社会のサステナビリティに貢献するエンジニアリング会社」としての使命を果たしてまいります。

代表取締役 取締役社長
永松 治夫

TOYO‘s MVV と 重要経営課題(Materiality)の関係性