エチレン

概要

東洋エンジニアリングは、1965年に日本で30万 t/yのエチレンプラントを受注して以来、一貫して米国Lummus社との技術アライアンスを継続し、今日までに新設39基(合計生産能力1,590万 t/y)、改造/能増36基のエチレンプラントを技術供与並びに建設してきました。これまで建設してきた中で最大能力を持つプラントは2003年に台湾向けに受注した120万 t/yのナフサ分解プラントです。

Lummus社のエチレンプラントは高選択性で、原料に対してフレキシブルであるSRT分解炉を使用し、運転信頼性・安全性ともに高く、スタートアップが容易であること、また高効率分解炉と分離精製工程を組み合わせたエネルギー原単位が良いプロセスであることが特徴です。 また、Lummus社のOCTをはじめとして新技術の採用により、下記のさらなる改善が可能です。

事業内容

世界一を誇るエチレンプラント建設実績

東洋エンジニアリングは、1962年にLummus社と技術提携契約を交わして以来、世界各地で45基のエチレンプラントを建設しました。当社の業務は、Lummus社のライセンスに基づく基本設計・詳細設計・機器資材調達・建設工事・試運転までをカバーしています。
1986年から現在までの世界のエチレンプラントの建設総数159件のうち43%でLummus法が採用されており、同17%は当社が建設しています。このように、ライセンス技術と建設実績ともにLummus社と当社のペアが業界随一のシェアを誇っています。

1986年以来のエチレンプラントライセンス提供実績 (2016年現在)

1986年以来のエチレンプラントライセンス提供実績 (2016年現在)

エチレンプラントの基本フロー

エチレンプラントの基本フロー

OCTや新技術を組み込んだプロセスの特徴

プロセスを改善させる新技術

特徴:エネルギー効率化・環境負荷削減

  • エネルギー消費量が最大12%減
  • 二酸化炭素が最大12%減
  • ISBLの機器数は最大23%減
  • 圧縮機の動力は最大14%減
  • これらによる運転コストは最大30%改善
エチレンに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム