酸性ガス除去 OASE®(aMDEA®)

概要

二酸化炭素や硫化水素などを酸性ガスと呼びます。天然ガス処理や石油精製、石油化学、肥料プラントなどで、酸性ガスを分離するプロセスが必要とされています。また、近年では地球環境問題対策に関連して、酸性ガス除去プロセスが注目されています。

OASE(aMDEA) (BASF SE, GERMANY)

東洋エンジニアリングは、1984年にBASF社より、高いCO2吸収能、省エネおよび低腐食率を同時に実現させたOASE(aMDEA)プロセスのAuthorized Engineering Companyとなり、ライセンス及び基本設計の代行業務を行っています。東洋エンジニアリングでは、アンモニアプラントの脱炭酸工程及び天然ガスからの脱炭酸に日本、東欧、韓国、東南アジア、中東に計11件の適用実績があるほか、オキソガス精製用等個々に適するいろいろなプロセス構成スタディ、溶液転換の最適化のスタディ提供も行っています。

※ OASEはBASF SE の登録商標です。
酸性ガス除去 OASE®(aMDEA®)に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム