配管自動切替え装置「XYルータ®

概要

医薬・ファインケミカル・食品の生産現場では、多種の原料や多数の銘柄を扱い、ライン切替えをたびたび必要とします。従来これらの分野では、特殊なバルブを組み合わせた「バルブブロック」や「人手によるホース接続」、「スイングベンド」などが採用されてきました。これらの切替え方法は、それぞれ利点はあるものの、コストの問題やクロスコンタミ(相互混入)の不安、バルブヘッダー内の液だまり、また接続ミスや作業の遅れ、そして労働環境などの問題を抱えており、必ずしも最適な方法とは言えませんでした。
そこで、東洋エンジニアリングは、ライン切替えの最適解、配管自動切替え装置「XYルータを」開発しました。

特徴

  • 配管サイズ、配管数にかかわらずライン切り替えが自動でできます。
  • 自動弁で同等の自動化をする場合に比べて安価に導入できます。
  • クロスコンタミ(相互混入)が原理的に発生しない構造なので安全です。
  • すべて自動で行うため、接続ミスがありません。
  • 配管の追加・変更に低コスト/短時間で対応できます。
  • 流路に枝分かれがなく、製品ロスが生じません。

配管自動切替え装置「XYルータ」概念図

XYルータはホースとカプラーとそれらを駆動するユニットからできています。ホースの先端についたカプラーが格子上をX方向に直線的に動きます。相手側のカプラーは格子上をY方向に動き、交点で接続します。
ホースが一次元にしか動かないので、お互いに絡み合う事がありません。それぞれのホースは全て別々に動くので、ライン本数分だけ並行して液の移送が可能です。両側ホースタイプと片側渡し配管タイプがあります。

支援技術

カプラーは用途に応じて様々なタイプをご用意しています。どのカプラーも、動力源がなくなっても管路を保持して、液が漏れない安全な構造です。ホースは用途に応じて選定します。

代表的適用箇所

実績

工場用途台数
原薬原料投入5
原薬槽間移送6
医薬部外品製品充填1
醸造中間製品移送1
飲料製品充填4
ワックス原料投入2
潤滑油製品充填1
自動車塗装工程1
実験設備-1

参考文献

配管自動切替え装置「XYルータ®」に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム