日本の地域社会への貢献

本社での地域活動

東洋エンジニアリングの本社は千葉県習志野市にあり、社屋はJR京葉線新習志野駅前に位置しております。東洋エンジニアリングは新習志野駅前商工会の主要メンバーとして新習志野駅周辺の環境改善活動をしておりますが、独自の活動として1年に1度労働組合、部課長会と共同で駅前清掃を行っております。この活動には従業員多数が参加し、社屋周辺から新習志野駅迄の街路清掃を行っております。

また、本社隣接地に200席収容可能な多目的ホール「茜浜ホール」を建設し、地域の文化活動に開放しています。近隣の住民によるコーラス部や太鼓練習、谷津(やつ)干潟研究会など文化活動に利用されております。 また、近隣の小学校に写真ニュース掲示板を寄贈しております。

障害者雇用支援

障害者の社会進出促進のため官民を上げて雇用支援が行われている中、東洋エンジニアリングでも障害者が働くための支援設備を整えております。また、1988年には、優秀な能力の重度障害者雇用の場として、グループ会社「千葉データセンター」を設立しました。
千葉データセンターは、情報のデジタル化、出版物の作成支援、Web構築、システム開発などに関わる技術・サービスを提供しています。

プロジェクトマネジメント講座への講師派遣

従来プロジェクトマネジメント技術はプラントエンジニアリング業界で主に発展してきた技術でした。
最近は情報通信業界などの分野でもプロジェクトマネジメント技術を利用するようになり、こうした関心の高まりにともなって、教育機関で行われるプロジェクトマネジメント講座への講師派遣を要請されることが多くなってきました。現在、東京工業大学、名古屋大学、千葉工業大学等に講師を派遣しています。

インターンシップの受入れ

現在多くの大学でインターンシップ制度が採用されています。これは、在学期間中に一定の期間企業の業務を実地体験するという制度です。
東洋エンジニアリングでも、 国内の学生だけでなく、海外からの受入れや、日本国内の留学生の受入れも行い、学生の皆さんに社会体験の場を提供しております。

また、国内の学生の海外拠点でのインターン受け入れも行い、国際感覚を備えた人材育成のサポートをしております。

社会貢献活動に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム