環境マネジメント

環境への取り組み

TOYOは、地球環境の保全および地球温暖化防止は人類共通の課題と認識し、以下の環境に対する基本理念を定めました。
・ 人類の発展と環境の保全を両立させ得る持続可能な地域・社会の実現に貢献する。
・ 国際的な企業の一員として地球環境と調和のとれたエンジニアリングを提供する。
この理念を実現するため、TOYOは今後とも積極的にお客様の環境課題解決に取り組んでまいります。

建設現場における環境負荷軽減

国内外の現場では、汚染物質を敷地外に出さない管理意識を徹底して、2004年にISO14001の認証を取得して以来、環境災害ゼロの目標達成を維持しています。
2013年以降はリサイクル率91%以上および確実な危険物処理処分を達成し、下図のように産業廃棄物発生量経年変化を調査・分析しています。


産業廃棄物発生量(国内現場)

産業廃棄物発生量(海外現場)


本社における環境負荷軽減

環境マネジメント社内体制として、管掌役員をリーダーとして省エネ省資源協議会およびグリーン担当者会議を設置し、本社の環境に関する討議、産業廃棄物発生量の確認、再利用化率動向確認、漏えい事故有無確認、エネルギー消費量変化の原因・対策等を進めています。 LED証明への切り替え、休憩時間の消灯、窓のブラインド開閉、PC電源の消し忘れチェック等により千葉本社ビルのエネルギー消費量が減少したため、2019年6月に大規模エネルギー使用者に報告を義務づける「第二種エネルギー管理指定工場等」の該当から外れました。また、2015年度との比較では、屋上雨水の再利用により水道水使用量25%の削減、ペーパーレス化により印刷用紙購入量約30トンの削減を達成しています。


電気使用量推移

水道水・雨水消費量推移

印刷用紙(上質紙)購入量推移



技術による環境への貢献

TOYOは、環境の保全に貢献する技術の開発・導入・改良を推し進め、お客様に最適な技術の提案、並びに環境の保全・汚染の防止に貢献する様々なソ リューションを提供しています。

太陽光発電設備

TOYOは、インフラ分野への事業の展開・推進を強化してきました。
その結果、2019年現在、国内で10件の大規模太陽光発電設備プロジェクトを受注し、実施しています。
地球環境保全の観点から、再生可能エネルギーである太陽光発電設備は今後も重要な役割を担うことが期待され、TOYOはインフラ事業の一環とし てこれからも取り組んでまいります。

客先建設地規模(MW)
パシフィコ・エナジー
久米南合同会社
岡山県久米南町 32
パシフィコ・エナジー
美作武蔵合同会社
岡山県美作市 42
パシフィコ・エナジー
古川合同会社
宮城県大崎市 57
パシフィコ・エナジー
細江合同会社
宮崎県宮崎市 96
瀬戸内Kirei 未来創り合同会社 岡山県瀬戸内市 231

美作市 太陽光発電

瀬戸内市 太陽光発電

環境に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム