マネジメントメッセージ

安全・環境に配慮した責任

私たち、TOYOは自らの使命を Engineering for Sustainable Growth of the Global Community と定め、お客様への貢献とともに人類の発 展と環境の保全を調和させ、持続性ある地球社会の実現を目指してまいります。このためのエンジニアリング業務 を遂行する過程において、品質・HSSE(健康、安全、セキュリティ、環境保全)に関する社会的な要求をも満足することがTOYOの責務と認識しております。

特に安全は何よりもの優先課題とし、「業務の過程で尊い人命が損なわれることは何としても避けねばならず、そ のための努力と時間および費用は全てに優先する」 という考えを安全文化として全役職員に浸透させるべく、活動を進めております。
安全は工事関係者だけではなく、全社で取り組まなけれ ばならない基盤であると考えます。
さらに、TOYOは専門的な技術・サービスを提供 するにあたり、省エネルギー・省資源など、環境に配慮した 設計を心がけております。また廃棄物の無害化・減量・再 利用、汚染の防止等、環境負荷の低減に配慮した建設工事 を実施しております。

TOYOは、グループ各社の持つ能力を最大限に 発揮するために、これまでのグローバルオペレーション の一体化をさらに発展させると同時に、次代のエンジニ アリングビジネスの創出に向けて、新たな領域へと挑戦 を続けてまいります。それによって、お客様のニーズを具 現化し、実現する上で最も信頼されるGlobal Leading Engineering Partnerを目指してまいります。

2018年11月
取締役社長
永松 治夫