東シベリア-⽇本間のブルーアンモニアバリューチェーン事業化調査フェーズ2を開始

2021年7月7日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社⻑ 永松治夫)は、イルクーツク⽯油会社(IOC)、独⽴⾏政法⼈⽯油天然ガス・⾦属鉱物資源機構 (JOGMEC)、伊藤忠商事株式会社(伊藤忠商事)の3者と共同で、東シベリアと⽇本間のブルーアンモニアバリューチェーン構築に向けて 2020 年度実施のフェーズ1に続きフェーズ2として事業化に向けた詳細検討を実施することを合意しました。TOYO と伊藤忠商事はフェーズ 1 同様 JOGMEC の委託調査として実施し 、東シベリアで IOC が産出する天然ガスをアンモニアに変換し、⽇本へ輸送するバリューチェーンのマスタープランを構築します。

フェーズ2では、東シベリアから⽇本への⼤規模なブルーアンモニアバリューチェーンの事業化に向けて、IOC の東シベリアの油⽥で産出される天然ガスから⽔素、さらにはアンモニアを製造するための概念設計を⾏います。この概念設計では、⽣産過程で排出する CO2 を同社が東シベリアに保有する油⽥増産のための CO2-EOR を組み合わせることを想定しています。またアンモニア内陸輸送については鉄道とパイプラインの適⽤を検討します。これらについて、事業化の時間軸を踏まえた段階的なアプローチを⽴案します。

TOYO は 80 件以上のアンモニアプラント建設実績を有し、⽯油・ガス⽣産設備のコンサルティング、エンジニアリング、建設、EOR 等の設備計画に取り組んできました。また、東シベリアを含むロシアでのビジネスにはおよそ 50 年の歴史を持っています。

4 者が保有する技術・知⾒を活かした連携により、東シベリア-⽇本間のブルーアンモニアバリューチェーンを確⽴し、⽕⼒発電所や船舶等の燃料分野の脱炭素化施策として有望視されるブルーアンモニアを⽇本やアジアに燃料として導⼊することで、温室効果ガス削減への取り組みを通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

図1 東シベリア-⽇本間のアンモニアバリューチェーン概要図
本ニュースに関するお問い合わせは、
こちらから承ります
お問い合わせ