取締役社長 永松治夫 2021年度入社式挨拶(要旨)2021年4月1日

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。

サステナブルな社会の実現が地球規模の課題となってきています。この課題解決に向けて、TOYOにはタフだけど魅力的な仕事がたくさんあります。自らの限界とそれをいかに拡大するかを意識しながら一つ一つの仕事にしっかりと向き合うこと、一方で、その限界を見誤らず適切に周囲の助力を仰ぐことも忘れないでください。これを続けることで、数年後には今とは違う景色が見えていて、次の頂までの道筋を意識して見据えられるようになっているはずです。

これからTOYOの社員として活躍する皆さんに意識していただきたいことが2つあります。

1つが相手目線に立つことです。皆さんはこれから立場の異なる様々な人と関わりながら仕事を進めることになります。相手の立場に立って物事を考えることで相互理解が深まり、共通のゴールが見えてきます。

2つ目は物事を俯瞰して捉える習慣を身に付けることです。社会やお客様にとって何が重要か、会社や所属する組織が今何をしているか、上司や周囲がどんな仕事をしているかなど、周囲にアンテナを張ることで一番重要な全体像を捉えることができます。

TOYOは今年、創業60周年を迎えます。TOYOのミッション、“エンジニアリングで地球と社会のサステナビリティに貢献する”を達成するため、皆さんの情熱、努力そしてアイディアを思う存分注ぎ込んでいただきたいと思います。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム