BASFとアジア地域における包括エンジニアリングパートナー契約を締結2019年4月18日

東洋エンジニアリング株式会社(Toyo-Japan、取締役社長 永松 治夫)とToyo Engineering Corporation (China)(Toyo-China、社長 Dong Benli)は、BASF社と包括エンジニアリングパートナー契約を締結しました。本契約は今後5年間BASFのアジア・太平洋地域でのプロジェクトに対し、フロントエンドエンジニアリング、詳細設計、調達サービス、工事管理等のサービスを提供するものです。

2013年に始まった両社のパートナー契約はこれまでに更新を重ねてきており、今回の契約は今後のBASFによる投資案件を見据えたパートナーシップの更なる強化を目的に契約書の全面改定を行いました。2013年の契約締結以来、東洋エンジニアリング・グループ(TOYO)はインド、マレーシア、中国、日本での高品質、かつ顧客志向のサービスを提供し、BASFのアジア投資へ貢献し続けてきました。これらのプロジェクトを通じて培われた信頼関係と、高い技術力への評価を受けたことが今回の契約に繋がりました。

契約調印式では、BASF社Hugues Vandenmersch氏(Senior Vice President, BASF Engineering & Technical Expertise Asia Pacific)より、「我々はTOYOとの戦略的パートナーシップを非常に意義のあるものと捉えている。BASFは2018 年にアジア太平洋地域での意欲的な投資計画を発表した。TOYOとのパートナーシップも今回の改定で新たな局面に突入したと言える。我々BASFとTOYOがこれまで築き上げてきた堅固な協力関係により、今後の大型投資案件も成功させることができると確信している」との言葉をいただきました。

TOYOはToyo-China、Toyo-India、Toyo-Malaysia、Toyo-Korea、IKPT(インドネシアの子会社)、テックプロジェクトサービスといったグローバルネットワークの強みを生かし、BASF社のアジア太平洋地域における投資案件に、価格競争力を兼ね備えた革新的なソリューションを提供します。

契約概要

客先 BASF (China) Company Limited
契約者 東洋エンジニアリング株式会社(Toyo-Japan)、Toyo Engineering Corporation (China)(Toyo-China)
役務内容 アジア地域におけるフロントエンドエンジニアリング、詳細設計、調達サービス、工事管理等に関する包括エンジニアリングパートナー契約(期間:5年間)
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム