ロシアで石油化学プラントプロジェクトを受注2019年1月31日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 永松治夫)は、イルクーツクオイルカンパニー(INK)の100%子会社であるIrkutsk Polymer Plant (IPP)社がイルクーツク州ウスチクートに建設する年産65万トンのエチレンおよびポリエチレンプロジェクトを受注しました。

本プロジェクトは、INKが所有する油田でこれまで燃焼処理されていた随伴ガスを、化学品原料として有効活用することを目的にしています。TOYOはINKとGeneral Engineering Service Agreement(GESA:包括技術契約)を2011年に結び、事業近代化支援を実施してきました。その結果、資源の有効活用と環境負荷軽減の両面から、事業の有効性が確認され、本件の実現に繋がったものです。2018年9月には、ウラジオストク市で開催された東方経済フォーラムにおいて、安倍総理とプーチン大統領臨席の下、ガス化学コンプレックス建設に関する協力覚書を結び、最終検討を進めてきました。

ロシアにおいてTOYOは1960年代から40件以上のプロジェクトを実施してきました。また、エチレン及びポリエチレンを主力商品と位置づけてビジネス拡大に注力しており、本件は通算47件目のエチレンプラント建設プロジェクト、ポリエチレンプロジェクトとしては26件目のプロジェクトとなります。
本件の受注は、TOYOのロシアにおける長年の経験と、石油化学分野における信頼性が高く評価された結果と受け止めており、TOYOは日ロ経済協力の拡大により一層寄与すべく、今後もロシア石油化学産業の発展に貢献してまいります。

受注概要

客先 Irkutsk Polymer Plant (INKの100%子会社)
受注者 東洋エンジニアリング株式会社
建設地 ロシア イルクーツク州 ウスチクート
対象設備 エチレン(Lummus法)生産設備 年産65万トン
ポリエチレン(Univation法)生産設備 年産65万トン
役務内容 設計、機器資材の調達、試運転助勢業務
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム