INCHEM TOKYO 2017 に出展2017年10月30日

東洋エンジニアリングは、出展テーマを “Engineering for Sustainable Growth of the Global Community” とし、国内のプラント建設~運転・保全、医薬・環境分野の事業を展開する テックプロジェクトサービス(TPS)、国内外の製造現場の業務効率化をITで支援する 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)と共に、お客様の課題の解決・企業価値向上に貢献するTOYOグループの技術・サービスを紹介します。

開催日時 2017年11月20日(月)~11月22日(水)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
開催場所 東京ビッグサイト 有明・東京国際展示場
東2ホール ブース2F-09
招待状のお申し込み
主催 公益社団法人化学工学会、一般社団法人日本能率協会
INCHEM TOKYO 2017 公式サイト

出展テーマ

環境ソリューション

排煙脱硫/紫煙・白煙防止設備
省スペース・低コスト・高効率を実現した排煙脱硫/紫煙・白煙防止装置を紹介します。

空冷式蒸気復水器
水冷式に比べ、優れた省コスト・操作性・省資源を実現した空冷式熱交換器を、実績を交えて紹介します。

バイオジェット燃料
NEDO委託バイオジェット燃料パイロット事業を推進中。三菱日立パワーシステムズ(MHPS)、中部電力、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で2020年のバイオジェット燃料製造を目指しています。

デジタルソリューション

Digital Plant
GEの提供するPredix を活用したDigital Plantの開発と事業化について紹介します。

mcframe MOTION(デモ)
モーションセンサーで作業者の動作や姿勢を3次元データ化し、作業指導・作業保証・作業負荷のために分析・評価をするシステムです。

mcframe RAKU-PAD(デモ)
作業実績や品質管理などの手書き帳票イメージをそのままタブレットで実装します。簡単にデータを記録・分析できます。

エネルギーソリューション

LNGからのNGL抽出設備 COREFLUX ®-LNG
LNG中からエタンやLPGを高収率で回収するプロセスCOREFLUX ®-LNGは、省エネ性・保守性に優れた特徴を有し、需要が高まっているプロピレンを製造するPDHプロセスの原料供給用など汎用性の高いシステムです。

LNG受入基地
当社の多くの実績と共に、LNGの冷熱をエチレンプラントへ有効利用した世界初のプロセスについて紹介します。

究極の省エネルギー蒸留システムSUPERHIDIC ®
当社の開発した省エネルギー蒸留システムについて、省エネの仕組み、システムの特徴、実績等を中心に紹介します。

社会インフラ・他

発電・交通・水
火力や再生可能エネルギーを活用した発電設備、鉄道をはじめとする交通システム、上下水道や水処理施設等の社会インフラプロジェクトに積極的に取組んでおります。実績を交え紹介します。

石油・天然ガス開発
TOYOは石油・天然ガス開発に係わるサービスを石油会社に提供。イノベーション技術を用いた差別化にも取り組んでいます。TOYOの石油・天然ガス開発分野での活動と、機器メーカーとどのように協力が可能かを説明します。

医薬エンジニアリング
TOYOの医薬事業分野での活動と実績についてご紹介します。

R&Dエンジニアリング
新プロセスの短期商業化を実現するR&Dエンジニアリングについて紹介します。

植物工場
株式会社スプレッドと組み海外展開を目指す人工光型植物工場を紹介します。

INCHEM TOKYO 2017 公式サイト
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム