インドネシアで天然ガス圧縮設備を受注2017年2月23日

東洋エンジニアリング株式会社のインドネシア法人イーカーペーテー(IKPT、社長 細井栄治)は、現地エンジニアリング会社ティマス(Timas)とのコンソーシアムにて、コノコフィリップス・インドネシアが南スマトラのコリドー・ブロックにあるスバン・ガス田からの天然ガス生産量維持のために、ガスタービン圧縮機5基、ガスタービン発電機1基、及び付帯機器で構成される圧縮設備プロジェクトの、設計・調達・建設業務を受注しました。

この他、TOYOは現在インドネシアで、ジャカルタ都市高速鉄道プロジェクトや合成ゴムなど石油化学系のプロジェクトを遂行中です。

受注概要

客先 ConocoPhillips (Grissik) Ltd.
受注者 IKPT (PT. Inti Karya Persada Tehnik)とTimas(PT. Timas Suplindo)のコンソーシアム
建設地 インドネシア スマトラ島南部
対象ガス田 インドネシア、南スマトラ州、コリドー・ブロック、スバン・ガス田
対象設備 天然ガス圧縮設備(ガスタービン圧縮機5基、同発電機1基、付帯機器)
役務内容 設計、調達、建設
契約形態 一括請負
完成時期 2019年を予定
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム