米国エチレンプラントプロジェクトを受注2015年4月24日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 中尾清)は、信越化学工業株式会社の米国子会社であるShintech Inc.が、ルイジアナ州プラクマンに建設する米国ルーマス社技術による年産50万トンのエチレンプラントプロジェクトを受注しました。生産されたエチレンは、全量Shintechの既設塩化ビニル樹脂製造設備の原料となる予定です。

TOYOはエチレンプラントにおいて豊富な実績を有し、本件は2014年8月に発表したマレーシア向けプロジェクトに続き、45件目のエチレンプラント建設プロジェクトとなります。米国において近年継続してプロジェクトを遂行している中でも、本案件はTOYOにとって最大規模となります。世界の有力コントラクターがひしめく米国市場において、TOYOのエチレン実績と信頼性が高く評価された結果であり、今後もシェールガス関連での投資が期待されている米国において、更なる案件獲得を目指してまいります。

受注概要

客先 Shintech Inc. (信越化学工業株式会社の100%子会社)
受注者 東洋エンジニアリング株式会社
建設地 米国 ルイジアナ州 プラクマン
対象設備 エチレン製造設備(年産50万トン)
役務内容 設計、機器資材の調達、工事、試運転の一括請負
完成時期 2018年前半
受注金額 約14億ドル
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム