取締役社長 石橋 克基 従業員向け年頭挨拶2015年1月5日

新年あけましておめでとうございます。
昨年当社グループは、事業環境にも恵まれ受注は好調でしたが、複数プロジェクトでの収支悪化により業績面では極めて遺憾な結果となりました。4か年の中期経営計画の最終年度を迎える今年、「真の成長」に向けた課題を3点挙げます。

1点目は「利益体質への変革」。進行中のプロジェクトをしっかりやり切り利益の向上を実現して初めて、当社グループは成長したと言えます。
2点目は「マネジメントスタイルの革新」。全てのマネジメント層は現実に起こっている事を直視し、既成概念を排し、具体的な判断と指導をしっかり行ってもらいたい。
3点目は「リスク管理能力の強化」。一人ひとりが多様化・複雑化するリスクを予見し、前広に行動することが求められています。受注からプロジェクト完了まで組織として一貫したリスク管理機能の強化を図ります。

これらの課題に挑むことで、常に自己変革しながら、自らの強みとグローバルでのリスク対応力を磨いていきましょう。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム