取締役社長 石橋 克基 従業員向け年頭挨拶2013年1月4日

皆さん、新年あけましておめでとうごいざいます。
昨年を振り返ると、4月に新しい中期経営計画をスタートさせ、ここ数年来の「市場開拓」、「事業基盤強化」「商品開発」への取り組みが実を結び、成果が見え始めた年でした。

本年の課題として次の3点をあげます。
①中計目標達成に向けてTOYO一丸となって、さらなる受注拡大に邁進していく年にする。そのためにはプロポーザルの初期段階からグループ連携を強化する。
②注力分野を絞り込んだ成長戦略のもと、拠点の現地化メリットを最大限活用し、競合に競り負けないコスト構造改革を推進していく。
③グループ内リソース効率をもっと高めるために、拠点間の連携強化に向けてノウハウ移転をさらに推し進めていく。

これらの課題を達成するために、今年は「中から外へのグローバル化」だけではなく、当社の強みを理解しやすいプロセスに展開し、外の人材を中へ受け入れる「外から中へのグローバル化」を進めていくことが重要です。また社内においても更なる業務効率化と人材の発掘・活用を進めます。

TOYOはこれから新たな領域へと進んで行くことになりますが、自分の殻を破り、壁を乗り越えていく時、ある種の恐れも感じるかも知れません。しかし私達にはこれらをやり遂げるために必要な、全世界に広がる人材のネットワークと強い意志があります。仲間と自らの潜在能力を信じて、一人ひとりが勇気を持って未体験の領域へと踏み出してください。皆さん、新たな気持ちで頑張りましょう。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム