エジプトエチレンプラント受注2012年3月28日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 山田 豊)は、丸紅株式会社の協力を得て、エジプト石油省傘下のエンジニアリング会社エンピ社(ENPPI)と共同で、同省傘下のエチレン関連製品・製造販売会社エティドコ社(ETHYDCO)が、アレキサンドリアに建設するエチレン製造設備及びブタジエン抽出設備を受注いたしました。2010年7月の入札以来、欧州勢・韓国勢との競争を経て受注したもので、当社が国営石油会社シドペック社向けに2001年完工したエチレンプラント(年産30万トン)に次ぐ、エジプト2基目かつ最大のエチレンプラントとなります。

本プロジェクトは、国内で生産される天然ガスを原料に、エチレン年産46万トン、ブタジエン年産2万トンとユーティリティ・オフサイト設備を建設するものです。TOYOとENPPIは米国ルーマス社の最新技術をベースに、設計から工事・試運転までのEPC業務を一括請負で実施します。プロジェクトの実行にあたってはTOYOがリーダーとなり基本設計と詳細設計の一部、主要機器の調達を担当、ENPPIは詳細設計、主要機器以外の機器・資材調達を担当し、両社共同で建設工事(石油省傘下の工事業者ペトロジェット社を下請起用)と試運転を実施します。受注金額は約6億ドル、プラントの完成は2015年を予定しています。

TOYOは41件におよぶエチレンプラント実績を有し、またエジプトでは5件目の実績となります。同国では、経済成長に伴う石油化学製品の需要の高まりを受け、政府が2001年に石油化学増強20年計画を発表しており、本プロジェクトはこのナショナル・プロジェクトの一環として実行されます。TOYOは本プロジェクトを通じて、同国の経済及び技術水準の向上に貢献するとともに、下流のポリエチレンプラントなどの受注も目指します。

受注概要

客先 エティドコ社 [エジプト石油省傘下のエチレン関連製品・製造販売会社 Egyptian Ethylene and Derivatives Company(ETHYDCO)]
受注者 東洋エンジニアリングとエジプトエンピ社 [Engineering for the Petroleum and Process Industries(ENPPI)]共同
建設地 エジプト アレキサンドリア県アメリア地区
対象設備 エチレン年産46万トン、ブタジエン抽出プラント年産2万トン
役務内容 対象設備全体の設計、機器資材の調達、工事、試運転までの一括請負
工期 スタートアップまで36.5か月
受注金額 約6億ドル
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム