「第24回 インターフェックスジャパン」に出展します。2011年5月27日

東洋エンジニアリングブースにお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
出展製品・サービスへのご意見・ご質問は下記リンクからお願いします。
医薬・ファインケミカル、食品・飲料分野に関するお問い合わせ
東洋エンジニアリング株式会社
国内事業統括本部

東洋エンジニアリングは、インターフェックスジャパンに今年も出展いたします!!
医薬・ファイン業界を取り巻く環境が大きく変化している中、お客様の様々なニーズにお応えする、東洋エンジニアリングの医薬エンジニアリングと題し、「品質」・「コスト」・「安全」・「変化」等の課題に対する弊社の取組みをご紹介致します。東2ホール中央奥(No.10-50)にてブースでお待ちしております。

展示会概要

開催日時 2011年6月29日(水)~7月1日(金)
10:00~18:00(1日のみ17:00まで)
開催場所 東京ビッグサイト 有明・東京国際展示場
東2ホール ブースNo10-50
招待状/無料コンサルのお申し込み 終了いたしました。
主催 リード エグジビジョン ジャパン(株)

出展物概要

品質・変化・リスク・コストに対して迅速、柔軟かつ確実に対応するための充実したソリューション群をご紹介します。

  • 東洋エンジニアリングのマルチ工場
    新規のマルチ工場の建設から、既存の生産設備を最大限生かした形でのマルチ活用まで、顧客の多様なニーズにお答えするための「いろいろな形のマルチ工場のコンセプト」「XYルータ」「洗浄エンジニアリング」などの代表的手法・ツール並びに、実例を原薬設備を中心に紹介します。
  • 高薬理対応マルチ工場
    高薬理活性物質を扱う原薬マルチ工場では、GMP・労働安全衛生の2つの視点から、封じ込め設備が必要とされています。弊社の封じ込めエンジニアリング、実例、新しい技術であるフレキシブルコンテインメントについて紹介します。
  • 改造マルチ工場
    既存設備、遊休設備・建屋などを有効に活用し、短いスケジュールで経済的にマルチ化       図りたいという顧客ニーズが増えています。そのケースでの各種課題(建築確認、GMP、改造期間など)とその解決のための手法と実例などを紹介します。
  • リスクマネジメント導入支援サービス
    医薬業界では多くの企業がリスクマネジメントへの取組みを強化しています。品質リスクをはじめとする様々なリスクを包括的にマネジメントすることの重要性と、アプローチ手法、遂行上のポイントなどにつき紹介します。
  • バイオ医薬エンジニアリング
    既存バイオプラントのGMPプラントへの改造事例に基づいて、効率的なバリデーションの進め方と、設備設計を実施する上での重要なポイントを紹介します。
  • バリデーション支援サービス
    GMP-URSに基づいた、製造設備とコンピュータシステムのバリデーションを融合した医薬品製造システムの総合的なバリデーションの進め方を紹介します。これにより、3極 GMPに対応したバリデーションを効率的に実施することができます。
  • グローバリゼーション支援
    日系、欧米系企業が中国、インドなど海外へ生産拠点を展開する際の建設プロジェクトを総合的に支援しています。進出先の選定からプロジェクト遂行に関わる課題解決について、その手法の一部と豊富な実例を紹介します。
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム