サハリンLNGプラント建設工事プロジェクト、「JAPANプロジェクト国際賞」を受賞 2009年3月10日

千代田化工建設と東洋エンジニアリングはサハリンエナジー(SEIC)社向け LNGプラント建設工事プロジェクトを対象に、「JAPANプロジェクト国際賞 国土交通大臣賞」を受賞いたしました。
同賞は、海外で日本企業が設計、建設工事、不動産開発等に携わったプロジェクトを対象とし、海外における日本企業のプレゼンス向上への貢献に対して授与されるものです。

授賞式は3月9日に開催されて表彰状と記念品を授与されました。

受賞対象プロジェクトは、シェル(蘭)、ガスプロム(ロシア)、三井物産(株) 、三菱商事(株)の出資によるSEIC社が進めるサハリン2プロジェクトの中核施設、 年産960万トン大型LNGプラント及び出荷基地を、ロシアサハリン州南部プロゴロドノイエ地区に 建設するもので、2月18日には現地でロシア大統領、麻生首相出席のもと客先主催の完成式が盛大に 催されました。

サハリン2プロジェクトは、原料となる天然ガスを同サハリン州北部の ガス鉱区からパイプラインで輸送し、このLNGプラントで液化後にLNG船で日本を始めとする東アジア 地域に供給します。
製品LNGは日本の主要電力・ガス会社と長期契約されており、供給源多様化に向けた 国家的エネルギー戦略に寄与する重要な役割を担います。プロジェクトには日本政策金融公庫 (国際協力銀行)が融資で協力、また建設工事/資材搬送の面でも日本の企業が参加しました。

受賞企業
  • 千代田化工建設株式会社
  • 東洋エンジニアリング株式会社
  • 協力会社3社
     東亜建設工業株式会社
     日本通運株式会社
     シンヨー株式会社
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム