取締役社長 山田 豊 従業員向け年頭挨拶2009年1月5日

新年あけましておめでとうございます。
新しい年を迎え、気持ちを新たにして、2009年のスタートを切りたいと思います。

世界同時不況と言われる現状下、「短期」と「中長期」の複眼的思考で対処して行きたい。逆風の下での「サバイバルの対策」の実施と、その後の「サステイナブルな成長実現の施策」が重要です。

先ず「短期的」には、一定の受注を確保すると同時に、優先度の低い支出を抑制します。幸い、逆風の中でも、資源開発のアップストリーム分野、社会インフラ分野、あるいはファインケミカル分野を中心に有望案件はあり、こうした分野の案件に注力して行きたい。現中計の3ヵ年で、当社はこれら新分野にチャレンジし受注を獲得できる力は備わったと考えています。

次に「中長期視点」では、現在、今年4月から始まる次期中計を策定中であり、これを着実に実行することによって、グループ一体で企業価値を上げ、世界第一級のエンジ企業グループとして顧客から信頼されるパートナーとなることを目指したい。

当面厳しい情勢となりますが、目先の困難を真正面に捕らえ、やるべきことをスピーディーに、かつ執念を持ってやってゆきたい。過去何度も困難を克服し、新しい価値を創造し、都度力強い筋肉質に変化してきた当社の真骨頂を発揮する機会が訪れたと考えています。ピンチをチャンスと捉え、混沌と逆風の中にあっても、自信と勇気を持って前に進む年にしましょう。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム