省エネルギー型蒸留システム「SUPERHIDIC®

概要

石油化学・石油精製の多くのサービスで50%を超える省エネルギー性能を得ることができる"SUPERHIDIC®"。特殊な装置を用いず、既存の蒸留技術の適用により、従来の保守性を維持しつつ、高い経済性を提供します。

特徴


独立行政法人 産業技術総合研究所と当社共同にて特許取得済み
  • ●スタブドイン熱交換器にてサイド熱交換を行う
    • エンタルピー変化を起こすべき組成に設置
    • 与えるべき熱量となるよう伝熱面積を変化させることができる
    • 濃縮部と回収部の温度差と与えるべき熱量を考慮して熱交換段の組合せを決められる
    • 総括伝熱係数を高精度で推算可能
  • ●塔の濃縮部を回収部より下に配置
    • サイド熱交換をサーモサイフォン/重力にて実現
    • 塔内部品は、通常のトレイ・充填物を使用
    • 中間製品のサイドカット、マルチフィードにも対応可能
    • フィード段の最適化可能
  • 上記により、以下の特長を有する
    • これまでのいかなる省エネシステムよりも高い省エネ性を有する
    • メンテナンスが通常装置と同等

Concept of SUPERHIDIC

Simplified Flow Scheme of SUPERHIDIC

適用対象

  • ●塔底温度 ‒ 塔頂温度 < 60°Cの蒸留塔
    • 高圧系ストリッパーの場合 < 80°Cも可能
  • ●高付加価値の用役を使用している場合
    • 中圧スチーム、高圧スチーム、燃料油、冷媒など
  • ●スケールメリットを享受できるリボイラー負荷やコンデンサー負荷をもつ蒸留塔

適用対象の例


*SUPERHIDIC®は、より低圧の安価なリボイラー熱源を利用することが可能

SUPERHIDIC導入支援フロー

省エネルギー型蒸留システム SUPERHIDIC®に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム