石油・ガス開発

事業概要

東洋エンジニアリングは石油・ガス開発案件について、「開発計画の立案」を起点とし、このプランに基づいての「設備計画」、「設備建設」、「運転管理」その後の「二次、三次回収(攻法)導入計画の立案」から実行へと油田、ガス田のライフサイクルに深く係わる業務をE&Pカンパニー(Exploration & Production、石油開発会社)に提供するアライアンスパートナーです。

これまでに日本国内はもとより中近東、ロシア及びCIS、東南アジアの主要な油田やガス田のオーナーに対してこれらのサービスや実際の設計・調達・建設業務を実行するプロジェクトを遂行しています。

事業内容

E&Pカンパニーのアライアンスパートナーとして共に考え、問題の解決へ

東洋エンジニアリングは、化学プラントや製油所の設計、建設プロジェクトにて培われた概念設計・設備計画の知見、要素技術、設計技術、プロジェクト実行手法を有します。これらに加えて、石油開発技術を20年に渡ってE&Pカンパニーから学び、自社内に蓄積してきました。

この過程で、石油・ガス開発案件について、鉱区権取得から開発計画の作成、油田・ガス田の初期生産を経てEOR(増進回収法)に至るまでの「開発計画の立案」、生産に向けての「概念設計」、「設備計画」を初めとする種々のスタディ・計画業務や二次、三次回収の「攻法導入の計画」を、主要な油田、ガス田の存在する地域にておよそ200件行ってきました。
これらの実績に基づくデータベースを活用し、種々の油田、ガス田開発における多くの問題に対してE&Pカンパニーと共に考え、解決策を見出すという事業を展開しております。対象となる油田、ガス田は陸上のみならず現在では海上にまで広がっており、E&Pカンパニーと共にプロジェクトを実行してバリューを最大化するアライアンスパートナーとして認知されています。

東洋エンジニアリングのカバーする業務エリア

石油・ガス開発向けプロダクトライン

地下の油層構造と性状を把握し、それを地上設備へ反映させ、経済的且つフィールドのライフサイクルを見据え、企画・立案/設備計画/設備建設/運転管理に係わる業務を行います。
地層圧力が高く油田以上に注意が必要なことに加え、有毒性ガスや炭酸ガスの放散を行わずに生産する等の地球環境への配慮など、難しい条件の中、数多くの実績から得られた知見を基に最適な計画/調達/建設を遂行します。
粘性を下げる流体を油層内に圧入して残存原油を回収することによって、資源の有効利用を図ります。地下の解析や油田の運転データの解析が必要となり、解析結果から計画を立てるための知見が必要です。
新規油田の開発が、陸から海、更に浅海から深海へと拡大していく中、海底油田からの生産流体から水・ガスを分離して原油を生産するFPSO (Floating Production, Storage and Offloading)関連技術の重要性は増しています。求められるその特殊な環境・制約条件に、豊富なノウハウと経験で応えています。
石油・ガス開発分野に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム