バイオ医薬エンジニアリング

抗体医薬に代表されるバイオ医薬品製造施設には、高品質、低コスト、スピード、フレキシビリティ、安定供給において極めて高いレベルが求められます。 これらの高い要求に、お客様の知見とTOYOの経験と実績を融合して、ハイレベルなバイオ医薬品製造施設の構築をお手伝いします。

シングルユースの適用支援

  • 使いやすさとコストを考慮した適用可能範囲の的確な検討をします。
  • シングルユース設備と従来のステンレス製装置を組み合わせた、確実で使いやすいハイブリッドシステムを構築します。
  • 既存設備の置換ケースを検討します。
  • バイオ設備以外でも適用の可能性を検討します。

ウィルス不活化自動システム コストダウン・省力化・品質アップを実現

  • ウィルス不活化工程、サンプリング操作を完全自動化するとともに、プロセス接液部はシングルユースで構成します。
  • 処理バッチサイズを小さくし、処理バッチ回数を多くすることで精製工程でのコスト削減(抗体精製樹脂の削減)を実現します。
  • 自動化することにより、バッチ処理の省力化と手動操作にともなう品質リスクを低減します。