ニュース/イベント

【2019年04月10日】連続生産設備「iFactory」の開発事業を加速


テックプロジェクトサービス(株)は、関係7社と共同で「モジュール型製造装置を連結したコンビニサイズの連続生産設備「iFactory」の開発事業を加速 ~医薬品原体の生産量を柔軟に変更できるオンデマンド生産の実現に貢献~」を発表致しました。

【概要】
テックプロジェクトサービスを含む5社で共同提案した「再構成可能なモジュール型単位操作の相互接続に基づいた医薬品製造用iFactory(アイファクトリー)の開発」が2018年5月にNEDOの平成30年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム/テーマ設定型事業者連携スキーム」に採択されたことを受け、当該事業を加速させるため、新たに3社が2019年4月より参画します。
なお、当該事業は産総研の触媒化学融合研究センターとの共同研究を含みます。

テックプロジェクトサービスの役割:医薬品製造用「iFactory」における単位操作のうち、連続分液、連続溶媒置換、連続晶析、連続固液分離を行うモジュール型反応装置「iCube」の設計・開発

8社共同のプレスリリース資料をご参照ください。