ポリオレフィン(PE/PP)

概要

東洋エンジニアリングは、UNIPOL™法Polyethylene (PE)のプロセスライセンサーであるUnivation Technologies 及び同Polypropylene (PP)のプロセスライセンサーであるW. R. Grace & Co.-Conn.に承認されたUNIPOL法PE、PP プロセスのAuthorized Bidding Contractorです。

特徴

UNIPOL PEプロセスは、直鎖状低密度(LLDPE)から高密度(HDPE)にかけての広範囲にわたりPEを気相重合で製造する事に成功した世界初のプロセスです。このUNIPOLプロセスを採用しているプラントはPE、PPを併せ世界で約150基(リアクター系列数)にのぼります。 UNIPOLプロセスは気相流動層反応器において高活性触媒の存在の下にエチレン及びプロピレンをコモノマー(密度調整剤)、水素(分子量制御剤)と共に気相重合させることを特徴にしています。反応器内に蓄積したポリマーを気流によって流動化することにより均一な反応を可能にしています。反応器内部には機械的に駆動する部分やサイクロンのような固体分離の機器は一切不要ですので建設費が抑えられるだけでなく、信頼性の高い運転が可能です。

実績

1989年にインドネシアで最初のPPプラントを受注して以来、世界最大級の年産80万トンのPEプラント建設を含め、世界8ヶ国でPE 12件、PP 8件の受注実績が有ります。

※UNIPOLはThe Dow Chemical Company ("Dow") またはDowの関連会社の商標です。GraceはPPの分野で商標を使用することが許可されています。

ポリオレフィン(PE/PP)に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム