OCT (Olefins Conversion Technology)

概要

米国ルーマス社のOCT (Olefins Conversion Technology)は、プロピレンを目的生成物とするプロセスの一つであり、低設備費かつ低エネルギーでプロピレンを生産する技術です。触媒を使用してブテンとエチレンからプロピレンを生成するため、C4留分の有効利用技術としても位置付けられます。OCTプロセスは単独設置が可能であるだけでなく、エチレンプラントやFCCプラントの生産の自由度を高め、需給バランスに応じた生産を可能とする技術です。
東洋エンジニアリングはルーマス社とOCT (Olefins Conversion Technology)に関する技術ライセンス契約を結び、同社と共同でアジア地区における販売・設計を実施しています。

特徴

OCTはプロパンを生成しないため(メタセシス触媒は選択的にプロピレンを生成することが可能であり)、エチレンプラントやFCCで使われる精密蒸留(P-Pスプリッター)を必要とせず建設費及び用役消費が軽減されます。OCTは熱的にニュートラルな反応であり、主な用役消費は反応器の入口温度制御用の若干の予熱燃料と、蒸留系のスチームや冷却水程度に限られます。
従って、競合する他のプロピレン増産プロセスと比較して、少額の投資で用役コストも少なくプロピレンを製造できる非常に優れたプロセスです。

骨格異性化プロセス(CDIsis®)

CDIsis®プロセスは、イソブテンから直鎖ブテンへの骨格異性化反応を行うプロセスです。これまでイソブテンは、ガソリンのオクタン価向上剤であるメチルターシャリーブチルエーテル(MTBE)を生産するために利用されてきましたが、近年の環境規制の強化により、MTBEの使用は減少しています。このような背景により、イソブテンを有効利用する方法として、イソブテンから直鎖ブテンへ骨格異性化するCDIsis®プロセスがルーマス社によって開発されました。C4原料に含まれるイソブテンをOCTプロセスにて最大限に活用することを可能にし、C4原料の組成変動に対し運転フレキシビリティーを高めることができます。CDIsis®プロセスとOCTを組み合わせは、費用対効果が優れたプロピレン増産法の一つであり今後導入が期待されるプロセスです。

<骨格異性化反応式>

C5留分OCT

近年のブタジエン需要の拡大と、エチレンプラントの原料の軽質化(ナフサ->エタン)にともなう副生品C4留分の減少は、OCT原料としてのC4留分の供給に制限を与えることから、C5留分を新たにOCTの原料として利用する技術がルーマス社によって開発されました。
ブテンを原料としたOCTプロセスと同様にC5 OCTでは異性化反応とメタセシス反応からプロピレンが生産されます。C5留分の有効利用したプロピレン増産技術として期待されるプロセスです。

<C5 OCTにおける反応式>

実績

2002年に三井化学株式会社より大阪工場向にアジア地域で最初のOCTプラントの設計・建設を受注しました。 これ以降、日本・韓国・インドネシア等アジア地区におけるOCTプラントの基本設計及びEPCを連続して受注しています。

OCT(Olefins Conversion Technology)に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム