洗浄エンジニアリング

概要

バッチプラントにおいて、洗浄性の向上は製品品質と生産性を高める上で非常に重要なポイントです。医薬・ファインケミカルの業界では、より高品質な製品を安定して製造することを要求されています。マルチ工場においては、品種/ロット間の設備洗浄に大変な時間・労力がかかっており、これを短時間で、確実に、安定した洗浄を容易にできる設備が求められています。

TOYOの洗浄エンジニアリングサービス

洗浄エンジニアリングサービス 検討手順

サービス内容

遠心分離機バスケットの洗浄方法改善

原薬・化成品工場で使用されていた、洗浄装置の付いていない旧型の遠心分離機の洗浄作業効率化を目的として、調査、検討を行い、改善方法の提案から実際の改造工事まで行いました。

コニカルドライヤーの洗浄方法改善

原薬・化成品工場で使用されていた、コニカルドライヤーの洗浄作業改善(作業者の安全)を目的として、作業方法提案と装置の開発を行い、安全な洗浄作業を実現しました。

釜底弁脱着治具の開発

原薬、中間体製造などGL釜を使用されるお客様では、釜底弁の洗浄のための脱着に苦労されております。その作業軽減を目的とした釜底弁脱着治具の開発を行いました。

高洗浄性バルブの開発

通常のボールバルブの場合、CIP洗浄を行ってもボールの裏側(弁体とボディーの間)を洗浄することが出来ず、コンタミネーションの恐れがあることから、ボールの裏側まで洗浄可能なキューブバルブを開発しました。

※詳細は大明金属工業(株)にお問い合わせください。
Tel:03-3255-9931

その他洗浄性改善支援サービス/ツール

  • 洗浄性コンサルティングの実施
  • 洗浄バリデーション支援
  • 分析とシミュレーションによる洗浄作業の改善
  • XYルータ用カプラーの開発と洗浄テスト

参考文献

パイプレス食品プラント用 「サニタリーカプラー」 PDF:576KB
パイプレスプラント用の洗える「タンクボトムシステム」 PDF:898KB
CIPを可能にするキューブバルブ PDF:637KB

※ XYルータは東洋エンジニアリング株式会社の日本における登録商標です。

洗浄エンジニアリングに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム