回転機振動解析

概要

圧縮機、電動機、ポンプなどの回転機では、回転子の不釣合いや流体力の動的な変動による周期的な加振力に起因して、構造共振が生じ、機器を損傷させる場合があります。機器メーカーには、機器全体の振動解析を実施して、このような構造共振問題のリスクを検討したり軽減したりする責任があります。しかしながら、エンジニアリング上の特殊な事情がある場合などにおいて、設計の健全性確認や振動問題の対策検討などのために、必要に応じて弊社でも振動解析を実施しています。

回転機振動解析の適用事例

圧縮機を駆動する大型電動機において、試運転中に予期せぬ振動が発生し、プラントの起動に支障を来したケースがありました。両機器とも、工場テストにより設計健全性が確認されていたにも関わらずです。 現場で実測された振動データによると、構造共振が原因の一つであることが疑われました。そこで、振動解析を実施し、機器振動が構造共振と深く関連するものであると断定しました。この解析結果に基づき、電動機の支持盤を補強し、振動を許容できるレベルにまで低減させました。
東洋エンジニアリングは、このような振動解析技術を駆使して、エンジニアリングの円滑な遂行と問題解決を行っています。

図1 電動機の解析モデル

図1 電動機の解析モデル