既存設備の騒音対策検討

概要

工場周辺の住宅化、及び設備の新設・増設に伴い、敷地境界線、住居地域での騒音レベルを更に低減する必要が生じるなど、地域社会との良好な関係の維持が益々重要となってきています。
東洋エンジニアリングは豊富な実績と経験をもとに現地調査から騒音対策立案・対策後の騒音レベル予測まで体系的に騒音対策検討を実施しています。

既存設備の騒音対策業務の実施例

隣接する高台の住居地域の騒音レベルを低減しました。
立案した騒音対策を施工した後のプラントから、住居地域に伝播する騒音を予測しました。

騒音コンターマップによる出力

住居地域での騒音寄与順位

実施による効果

  • 対策前の居住地域騒音に対する各機器の騒音寄与順位から対策が必要な機器を選定し、効率的な対策を立案できました。
  • 騒音対策実施後の住居地域での騒音レベルを予測し、対策効果を確認しました。
  • 改善効果・経済性の両面から、最適な騒音対策となりました。