技術解析

東洋エンジニアリングは、長年にわたるプラント建設プロジェクトの経験を通して培ってきた問題解決力で、プラントを対象とした 流体/構造/耐震/騒音/安全/信頼性/ライフサイクルコスト(LCC)等の技術解析を実施します。

材料技術
高温・高圧下の過酷な環境で運転されるプラントを健全に保ち続けるために、材料解析はプラントエンジニアリングの柱となる技術のひとつです。
流体解析
プラントの機器・配管内を流れる流体の挙動を適切な解析により把握し設計妥当性の確認と必要に応じた対策立案を実施しています。
構造解析および伝熱解析
プラントの機器・配管設計の妥当性検証や構造物の診断に最新の構造解析技術を活用しています。
耐震解析
プラントの配管内を流れる液体・気体の挙動を解析し、配管の脈動、水撃問題などの原因を特定し、対策を検討します。
安全解析
プラントの運転に関わる潜在的なハザードを事前に評価・解析することで、問題点を洗い出し、その対策を立案します。
騒音解析
プラントの騒音制御のために屋内外の騒音源となる機器を選定し、必要に応じた最適な騒音対策を実施しています。
LCC解析
建設費だけの最適化に止まらず、設計/建設/運転保全/廃棄のプラントのライフサイクル全体を通して最適化されたプラント建設を提案します。
信頼性解析
安全運転、安定運転の観点から製造設備やシステムの信頼性を定量的に解析し、設備の健全性を向上させることを目的とします。
振動解析
回転機械や配管の過大な振動は、プラント設備の破損やプラントの安定的な運転の妨げにつながります。このような問題の未然防止や診断に振動解析技術を活用しています。