トップメッセージ

東洋エンジニアリング(TOYO)は祖業のアンモニア・尿素という化学肥料分野を中心に独自技術を磨き、石油化学・石油精製・油田開発技術・ガス処理・発電など、多岐にわたる領域へと事業分野を拡大してきました。また、1960年代にインドでプラントを建設して以来、市場を開拓しつつ海外拠点を設立してグローバルネットワークを構築し、世界中のお客様のプロジェクトに携わって参りました。
2021年にTOYOは創業60周年を迎えます。この度、2021年度を初年度とした『中期経営計画(2021~2025) Your Success, Our Pride.の実現に向けて』 を発表いたしました。この中期経営計画は、人類共通の課題である「持続可能でよりよい世界の実現」に向けて、TOYOが貢献できるアプローチを洗い出し、成長戦略としてまとめたものです。
TOYOのマテリアリティ(重要課題)として設定した4項目から、「多彩な人がいきいきと働く」と「インテグリティのある組織を作る」を企業活動の礎とします。その上で、中期経営計画の「EPC強靭化」と「新技術・事業開拓」の戦略を押し進めることで得られる相乗効果が、「環境調和型社会を目指す」と「人々の暮らしを豊かにする」ことを両立させる推進力となります。この結果、TOYOに事業の確実性・持続性・働き甲斐をもたらし、TOYO自らの更なる成長を目指してまいります。

取締役社長 永松 治夫
2021年4月

IR情報に関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム