サウジアラビアからアンモニアプラント能力増強プロジェクトを受注2000年8月31日

サウジアラビアからアンモニアプラント能力増強プロジェクトを受注

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、サウジアラビア現地法人であるSaudi Toyo Engineering Co.ならびに韓国現地法人であるToyo Engineering Korea Limited(TEC KOREA)と共同で、三井物産株式会社の協力を得て、サウジアラビアでのアンモニアプラントの能力増強プロジェクトを受注しました。

TECグループは、サウジアラビア基礎産業公社 SABIC(Saudi Arabian Basic Industries Corporation) の子会社であるNational Chemical Fertilizer Co.(NCFC)との間で、この程正式契約に調印しました。TECグループの役務範囲は、設計、機器資材の調達および工事であり、完成予定は2002年2月となっております。

本プロジェクトは、サウジアラビア産の天然ガスを原料として1987年に同国東海岸に位置するアルジュベール工業地区に、TECが建設した日産1,500トンのアンモニアプラントの1,750トンへの能力増強プロジェクトであり、 本年6月に今回の案件入札が行なわれ、国際入札の結果、既存プラント建設で培った客先との良好な関係を背景としたTECの技術力の信頼性と価格競争力が決め手となり、受注にいたったものです。

TECグループでは経営戦略としてのトランスナショナル体制を進めており、今回のプロジェクト受注は、 本年7月1日より社名を変更したTEC KOREA(旧称:TMS Engineering Corporation)との協業に基づいた積極的な営業活動の成果となりました。今後ともTECグループ全般の経営強化を図るため、トランスナショナルの推進・拡大を進めていきます。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム