水素バリューチェーン推進協議会に参画2020年12月8日

2020年12月7日、「水素バリューチェーン推進協議会 (英語名: Japan Hydrogen Association 略称: JH2A)」の設立が発表されました。東洋エンジニアリング株式会社(取締役社長 永松 治夫)は一般会員として同協議会に参画いたします。

水素バリューチェーン推進協議会(共同代表者 内山田竹志 トヨタ自動車株式会社 代表取締役会長、國部毅 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 取締役会長、牧野明次 岩谷産業株式会社 代表取締役会長兼CEO)は、サプライチェーン全体を俯瞰し、社会実装プロジェクトの実現を通じ、早期に水素社会を構築することを目的とした、業界横断的かつオープンな新団体として88社(設立時点)からなる会員の賛同によって組成されたものです。
今後は、水素の社会実装プロジェクトの提案・調整、関連ファンドの創設、管理・運営の検討、需要創出・規制緩和等の政策提言や国際的な活動などを主なテーマとしてワーキンググループで検討していくこととなります。

東洋エンジニアリングは「エンジニアリングで地球と社会のサステナビリティに貢献する」というミッションの下、環境調和型社会の実現を目指すべく、その活動のフィールドを広げて参ります。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム