ドローンを活用しインフラ点検ソリューションを提供するジャパン・インフラ・ウェイマークに出資

2020年4月20日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO 取締役社長 永松 治夫)は、ドローンを活用したインフラ点検ソリューションを提供する株式会社ジャパン・インフラ・ ウェイマーク(JIW)の株式を取得し、同社との協力関係を基に、今後設備点検などのサービス提供の高度化を目指します。

JIWは、2019年4月1日に西日本電信電話株式会社の100%子会社として設立されました。“支える人を支えたい”をミッションに日本のすべてのインフラ点検に貢献すべく、ドローンやAIを活用した効率的なインフラ点検サービスを提供している会社です。

TOYOは、これまで石油化学等の生産設備や、発電所等のインフラ設備のEPC(設計、調達、建設)プロジェクトに携わり、その知見を活かしてO&M(運転・保全)支援サービスを提供してきました。今後はJIWが得意とする技術、即ちドローンで撮影した設備画像をもとにAIを活用することで、建設プロジェクトの競争力強化や、O&Mサービスの高度化・効率化等に取り組みます。また、得られた知見をJIWのみならず、同社に出資する各社*と密に連携し知見を共有、さらには共同開発することにより、高度化されたAIを使ったサービスを提供することを目指します。

(*):東京電力パワーグリッド株式会社、北陸電力株式会社、大阪ガス株式会社、西部ガス株式会社(SGインキュベート第1号投資事業有限責任組合による株式取得)、株式会社NTTデータ、DRONE FUND

JIW概要

会社名 株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク
本社所在地 本社所在地 大阪府大阪市中央区馬場町3番8号
(東京事務所:東京都中央区銀座1-6-5 銀座Bビル3F)
代表者 代表取締役社長 柴田巧
設立日 2019年4月1日
事業概要 事業概要 トータルメンテナンスサービス、インフラ点検のコンサル・企画からドローンを活用した空撮、AIを活用した点検診断・レポート化 等サポートサービス、ドローン販売・レンタル、メンテナンス、教育研修、保険取次
本ニュースに関するお問い合わせは、
こちらから承ります
お問い合わせ