イラン向け第4アロマティクスプラントを受注2000年6月8日

イラン向け第4アロマティクスプラントを受注
-世界最大級の大型芳香族プラントを受注-

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)をリーダーとする韓国の信和建設(本社:ソウル)、イランの現地エンジニアリング 会社であるSazeh Consultants社(本社:テヘラン)との国際コンソーシアムは、三井物産株式会社の協力を得て、イラン国National Petrochemical Company(NPC:国営石油化学公社)が、同国バンダル・アサルイエ地区に計画を進めていた第4アロマティクスプラント(ベンゼン:年産43万トン、パラザイレン:年産75万トン、オルソザイレン:年産10万トン)製造設備の国際入札に応札し、商談を進めていましたが、この程合意に達し、正式契約に調印しました。コンソーシアムの契約金額は約430億円で、TECの役務範囲は、設計、機器資材の調達および工事スーパーバイジングであり、プラントの完成予定は2004年6月となっております。

本プロジェクトは、NPCの100%子会社であるボルゾエ石油化学会社が運営主体となり、中東第2位の石油化学品製造・販売会社であるNPCが将来の石化製品の内需伸長に対応するため、1997年に発表した20カ年増強計画(総額30億ドル超、計30以上の新規プロジェクト)第3フェーズの中の重要案件として位置づけられています。この増強計画のうち、これまでの10プロジェクトでは欧州勢が受注をほぼ独占してきました。
本年4月に今回の案件入札が行なわれ、日本、欧州、韓国など6グループの国際入札の結果、芳香族プラントでの豊富な実績と価格競争力が決め手となりTECが選定され、受注となったものです。本プロジェクトは、アロマティクスプラントで世界最大級の処理能力を誇るとともに、今年度の世界プラント市場で最も大型の案件です。イランのプラント市場では多数の新規案件が有り、今回の受注成功は、受注を独占してきた欧州勢に対して巻き返しの第一弾となりました。

TECグループでは経営戦略としてのトランスナショナル体制ならびに大型案件に対するアライアンス方式での取り組みを進めており、今回の受注は日本・韓国という国際的アライアンス体制での成功例となります。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム