米国向けメタノールプラント設計業務を受注2016年3月9日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 中尾 清)は、G2Xエナジー社向けに、米国ルイジアナ州レイクチャールズに建設するメタノールプラントの設計業務を受注しました。プロマングループ(プロマン)は本プロジェクトのEPCコントラクターであり、TOYOは同社の設計下請けとして基本設計と詳細設計を担当します。
本プラントは年間140万トンのメタノールを生産し、また将来的にはメタノールを自動車用ガソリンに転換する設備も計画されています。

プロマンは、トリニダード・トバゴで5基、オマーンと米国で各1基のメタノールプラントを操業しており、合計生産能力は年産500万トンになります。TOYOはプロマン向けに、トリニダード・トバゴにおける同社1基目のメタノールプラントの建設及び能力増強と肥料コンプレックスの建設、さらにオマーンにおけるメタノールプラントの建設を実施してまいりました。これらのプロジェクトを通じて実証されたTOYOのプロジェクト遂行能力に加え、建設地となるルイジアナ州で現在遂行中のサソール社向けポリエチレンプロジェクト、シンテック社向けエチレンプロジェクトでのTOYOの経験と知見が評価されて、今回の受注に至ったものです。

TOYOは本プロジェクトを通じて、米国での大型プロジェクト遂行能力を更に盤石にしてまいります。

受注概要

客先 プロマングループ
オーナー G2Xエナジー社
受注者 東洋エンジニアリング株式会社
建設地 米国 ルイジアナ州  レイクチャールズ
対象設備 メタノール 年産140万トン
役務内容 メタノールプラントの基本設計および詳細設計
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム