ミャンマー国ヤンゴン市と水道分野での覚書締結2013年9月26日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 石橋 克基)は、ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市開発委員会(Yangon City Development Committee)、東京都水道局、東京水道サービス株式会社(TSS)及び三井物産株式会社と、ヤンゴン市の水道分野での協力に合意し、2013年9月26日にヤンゴン市において、覚書を締結しました。

今般の覚書に基づき、TOYOは、東京都水道局、TSS及び三井物産と共に官民連携による知見と技術の結集を図り、老朽化の著しい浄水場の改修や水道管網の更新などの水道設備の改善や上水事業に携わる人材育成を通してヤンゴン市民の生活インフラと産業基盤を整備し、同国の社会・経済発展を支援していきます。

ラ・ミン ヤンゴン市長(前列中央)、沼田幹夫駐ミャンマー日本大使(前列右端)、
工藤正伸 東洋エンジニアリング インフラ営業本部長(後列右端)

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム