ナイジェリア大型肥料プラント 受注内定2012年12月4日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 石橋 克基)と、韓国Daewooグループのナイジェリア法人 Daewoo Nigeria Limitedは、このたびインドラマグループ*が、ナイジェリア連邦共和国リバース州に建設する世界最大級の肥料プラントプロジェクトの発注内示書を受領いたしました。インドラマグループのナイジェリア法人に対してTOYOは、2011年10月からFEED業務(基本設計の一部とコスト積算サービス)を実施し、技術力とプロジェクト計画力が評価されたものです。TOYOの契約範囲は、尿素ライセンス供与、肥料プラントの基本設計・詳細設計・調達と試運転で、Daewoo Nigeria Limitedは建設工事を請負います。なおプラントは2015年末のスタートアップを予定しています。

本プロジェクトは、日産2,300トンのアンモニアプラント、同4,000トンの尿素プラントとユーティリティ設備で構成される大型肥料プラントを建設するものです。なおアンモニアは米国KBR、尿素はTOYOのプロセスが採用されています。

本プロジェクトに適用されるTOYOの尿素合成技術「ACES21®」と大粒造粒技術は、建設費とユーティリティ消費量の低減に秀でており、現在までに世界中でACES21® 9プラント、大粒造粒技術22プラントに採用されています。TOYOは尿素技術のライセンサーであると共に、肥料プラントのEPCコントラクターとして世界トップクラスの実績があり、現在もベネズエラおよびインドネシアで肥料プラントのEPCプロジェクトを遂行中です。本プロジェクトはTOYOにとってナイジェリア初のプロジェクトです。

受注概要

客先 インドラマ・エレメ肥料会社(Indorama Eleme Fertilizer and Chemicals Limited)
受注者 東洋エンジニアリングとDaewoo Nigeria Limited の共同受注
建設地 ナイジェリア連邦共和国 リバース州 ポートハーコート地区、客先石化製造設備内
対象設備 アンモニアプラント(日産2,300トン、米国KBR技術)
尿素プラント(日産4,000トン、TOYO技術)、 ユーティリティ付帯設備
役務内容 尿素プラントのライセンス供与、対象設備全体の設計、機器資材の調達、
建設工事、試運転までの 一括請負
完成予定 2015年末

*) インドラマグループ: ポリエチレン、ポリプロピレン、繊維などを製造するインド系グローバル企業で、タイの証券取引所に上場し、PTA、PETやポリエステルを製造する世界最大級の化学メーカー。
インドラマ・エレメ石油化学会社: ナイジェリア政府の民営化政策のもと2006年にインドラマがナイジェリア政府などとともに買収した現地法人。ポートハーコートにて現在オレフィンを製造し、製品は全量政府が引き取っている。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム