インドで化学品製造コンプレックスを受注2012年7月24日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 石橋 克基)のインド現地法人Toyo-Indiaは、世界最大の化学会社であるBASF社のインド法人が、同国西海岸グジャラート州ダヘジの石油・石化投資地区に建設する化学品製造コンプレックスを、このたび受注しました。本コンプレックスは、ポリウレタンの製造設備を中心に、洗剤などの家庭用品、塗料や製紙用の化学品製造設備も併設されます。Toyo-Indiaは、設計から工事・試運転までのEPC業務を一括請負で実施し、プラントの完成は2014年を予定しています。
本コンプレックスは、インド国内での需要が拡大している家電、自動車、建築用材料、製紙用薬品、家庭用洗剤・化粧品など、多種多様な化学品産業向けに素材を供給する製造設備で、同社のインド北部及び西部でのビジネス拡大に貢献するものです。ポリウレタン製造設備では自動車用部品やその他ポリウレタン製品に使われる熱可塑性樹脂、洗剤や化粧品用化学品製造設備では界面活性剤、塗料や製紙用の化学品製造設備では建築用塗料・建材や製紙コーティング剤などに使われる特殊ポリマーを生産します。
TOYOは昨年、インド・台湾・日本の合弁会社であるインド合成ゴム社向けに、インド初の年産12万トン合成ゴム製造設備を、またインド最大手化学会社のリライアンス社向けに年産4万トン合成ゴム製造設備を受注し建設中です。今後も活発な投資が期待されるインドにおいて、積極的にビジネス展開を図ります。

受注概要

客先 BASFインディア社 (BASF India Limited)
受注者 Toyo-India (Toyo Engineering India Limited)
建設地 インド、グジャラート州ダヘジ
対象設備 ポリウレタン製造設備、界面活性剤製造設備、特殊ポリマー製造設備
役務内容 設計・調達・建設までの一括請負
完成予定 2014年
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム