TEC、ベネズエラ向け製油所能力増強工事を受注2002年2月5日

TEC、ベネズエラ向け製油所能力増強工事を受注

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、三井物産株式会社の協力を得てベネズエラ国営石油会社Petroleo de Venezuela S.A.社(PDVSA)が、同国カリブ海沿岸で操業中のエルパリート製油所にて計画する流動接触分解装置(FCC)およびアルキレーション装置能力増強工事の一括請負契約を、現地企業であるOtepi Consultores S.A.社、Inerectra社およびSadeven Industrias c.a.社とのコンソーシアムでこの程正式に受注した。契約金額は約120億円。

本プロジェクトの主たる目的は、ガソリンの増産と新環境基準に合致した設備改造である。契約の所掌範囲は、客先の既存製油所にて稼動中の流動接触分解装置の54,000 BPSDから70,000 BPSDへの処理能力増強およびアルキレーション装置の20,400 BPSDから25,700 BPSDへの処理能力増強工事を主体とする詳細設計、機器資材調達、建設、試運転業務。基本設計は米国UOP社が行う。プロジェクトの完了は2003年4月を予定している。

今回の受注は、TECの豊富な流動接触分解装置の設計・建設実績、特に同設備の改造実績およびコンソーシアムの価格競争力が評価されて受注に至ったものである。

本件はTECにとりベネズエラにおける初の受注案件となる。同国は石油輸出国機構(OPEC)内でも有数の石油・ガス産出量を誇る資源国であり、今後ともエネルギー関連分野での投資案件が多数計画されている。TECでは、既に強固な足場を築いたブラジルにつぐ中南米市場の重点国として、今後本件を足がかりにエネルギー関連および石油化学分野における受注活動をより活発化して行く。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム