ポリシリコンビジネスにおけるCDI社との提携 2012年3月16日

東洋エンジニアリング(TOYO 取締役社長 山田豊)は、米国CDI社のエンジニアリング部門であるCDIエンジニアリングソリューションズと、中国におけるポリシリコンビジネスを対象に、このほど提携しました。CDI社は、ポリシリコン製造プラントに関わる豊富なエンジニアリング業務の実績を持ち、複数のライセンサー技術の組み合わせにより、製造方法が多様化するポリシリコン製造プロセスのインテグレーションに、特に長けております。

現在中国は、太陽電池パネルや半導体の原料に使われるポリシリコンの70%を輸入に依存し、輸入代替を図るために国内での数多くのプラント建設が予定されています。プラント規模の大型化と複雑化に伴い、プロジェクト管理に関する顧客要求は高まっており、中国における幅広い分野での190件を超える豊富なプロジェクト実績を持つTOYOとCID社との提携により、短期間で高品質のポリシリコンプラントを建設することが可能になります。

CDIとTOYOは両社の持つ強みを中国市場に適用することによって、急速に拡大する太陽光発電分野におけるポリシリコンプロジェクトの受注獲得を加速させます。

CDI社:
CDI社は1950年に創業、本社を米国フィラデルフィアに置き、エンジニアリング、ITサービス、人材派遣業などを行っている企業で、2011年の売り上げはUSD約1 billion(約800億円)です。CDIエンジニアリングソリューションズ社はCDI社のエンジニアリングユニットで、宇宙関連、公共サービス、インフラ、ライフサイエンス、産業設備などの分野を対象にエンジニアリングサービスを提供しています。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム