インドネシアのエンジニアリング会社への出資 2012年2月7日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO 取締役社長 山田豊)は、このたびインドネシアの大手エンジニアリング会社であるPT. Inti Karya Persada Tehnik社(略称IKPT:イーカーペーテー)の株式を取得致しました。TOYOの持株比率は47%で筆頭株主となります。

IKPTは1982年創業のエンジニアリング会社で、インドネシアの石油・ガス、石油化学・化学、インフラの各分野のプロジェクトにおいて豊富なEPC(設計・調達・工事)実績を有し、オフショア分野、LNG分野、地熱発電分野での実績もあります。TOYOとは20年以上にわたり肥料プラント等のEPCでの協業を通じ良好な関係にあり、現在もインドネシア向け大型肥料プロジェクトを共同で実施しています。

世界第4位の2億4千万人の人口を有するインドネシアの経済は、内需拡大により世界的な景気減速の影響も比較的軽微であり、年6%を超える成長を続けています。この成長の維持・拡大には発電や交通等のインフラ整備が必要とされ、日本政府の官民インフラパッケージ輸出の重点国であると共に、日本企業をはじめとする外国企業の製造拠点設立や資源開発に伴う投資の拡大も見込まれています。

TOYOは、経済発展が期待される新興国において、現地に根を下ろしたEPC拠点のネットワークの拡大・充実を図るというグループ戦略の下、今回の出資を決定しました。これを機に、TOYOはIKPTへ技術やノウハウの移転を行い、インドネシアでのビジネス拡大を図り、更には、その他の国におけるTOYO案件でのIKPTとの協業も視野に入れています。

出資先の概要

会社名 PT. Inti Karya Persada Tehnik (略称IKPT:イーカーペーテー)
所在地 インドネシア共和国ジャカルタ市
事業概要 石油・ガス分野、石油化学・化学分野、インフラ分野等での
EPC(設計・調達・工事)コントラクター
資本金 55億ルピア(約5,000万円)
TOYOの持株比率 47%
受注高 約330億円(2011年)
従業員数 約820人
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム