ブラジル向け洋上原油処理設備を受注2012年1月11日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 山田 豊)と三井海洋開発株式会社(MODEC、代表取締役社長 宮﨑 俊郎)が共同でシンガポールに設立したMODEC and TOYO Offshore Production Systems Pte. Ltd.(MTOPS)は、このたびMODECのシンガポール子会社であるMODEC Offshore Production Systems (Singapore) Pte. Ltd.より、浮体式海洋石油生産・貯蔵・積出設備(FPSO)に搭載する船上処理設備を受注いたしました。

本FPSOは、ブラジルの民間石油開発会社であるOSX Brasil S.A.の子会社OSX 3 leasing B.V.向けに納入されるもので、OSX社のグループ会社であるOGX社が保有するブラジル沖カンポス海盆のBM-C-39ブロックにあるワイキキ・ペロ・インガ鉱区の海洋油田開発に利用される予定です。

MODECは、ブラジルでも既に7件のFPSO納入実績を持つ世界トップクラスのコントラクターです。同社とのアライアンス(協業提携)による受注は今回で5件目となり、現在も2012年末完成を目指して、ブラジル国営石油会社ペトロブラス社向けにFPSOの船上設備の据え付けを行っています。またTOYOのブラジル向けのプロジェクト実績は28件目となります。

TOYOは、資源開発やFPSOといったアップストリーム分野の強化に取り組んでおり、今後も同社との協力関係をますます強化し、海洋資源開発分野における受注拡大を目指していきます。

受注概要

客先 MODEC Offshore Production Systems (Singapore) Pte. Ltd.
(本社:シンガポール)
受注者 MODEC and TOYO Offshore Production Systems Pte. Ltd.
(本社:シンガポール)
係留地 ブラジル、カンポス沖合に位置するワイキキ・ペロ・インガ鉱区
対象設備 浮体式海洋石油生産・貯蔵・積出設備(Floating Production Storage and Offloading ; FPSO)に関わる日量10万バレルの石油生産能力を持つ船上原油処理設備
役務内容 設計、機器資材の調達およびモジュール製作までの一括請負
原油生産
開始時期
2013年9月の予定
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム