LGグループとグリーンビジネス合弁会社設立2010年10月12日

東洋エンジニアリング株式会社(TOYO、取締役社長 山田 豊)の韓国現地法人であるToyo Engineering Korea Limited(Toyo-Korea、President and CEO 宮下 健二郎) はこのほど韓国LGグループ(Chairman and CEO Bon Moo Koo)の100%子会社であるサーブワン社(SERVEONE CO., LTD.、President and CEO Tae-O Kim)との間で合弁会社を設立し、10月1日より業務を開始しました。

LGグループとしてグリーンビジネスを中心とした新規事業をグローバル展開し、新規投資事業を効率的に遂行するために、グループ内にてエンジニアリングプラットフォームを持つ事が必要であり、TOYOと協力して設立する事としました。一方グローバル展開と業態の変化への対応を中期経営計画の柱とするTOYOにとって、LGグループの新規事業投資、世界戦略への支援を行う事で、ノンハイドロカーボン分野への展開とグローバルリソースの有効活用を期待しています。

新しく設立された合弁会社の名称はLG Toyo Engineering. Co., Ltd.(President and CEO Tae-O Kim)で所在地はソウル市、資本金100億ウォンでサーブワン社70%、Toyo-Korea30%です。従業員数は100人程度でスタートし、徐々に規模を拡大していく予定です。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム