キューバ向けに尿素技術供給契約調印2010年5月14日

東洋エンジニアリング株式会社(取締役社長 山田豊)は、キューバ政府とベネズエラ国営石油化学会社(ペキベン社)との合弁企業である石油化学・肥料会社キューベンペック社から、シエンフエーゴス州カリチートに建設する日産2,200トンの大粒尿素プラント向けに技術供給契約を結びました。

契約範囲は、ライセンス供与と基本設計図書の作成で、プラントは2014年スタートアップを予定しています。
このプロジェクトは、キューバ政府の方針に沿って最新・高効率、省エネルギー型技術に基づく高品質な大粒尿素を生産し、輸入品の代替および輸出市場の獲得を狙っています。当社の尿素合成技術「ACES21®」と大粒造粒技術は、建設費とユーティリティ消費量の双方を抑えることが出来る技術であり、それぞれACES21®が5プラント、大粒尿素が19プラント、世界中で採用されています。

当社は、尿素プロセスのライセンサーであるばかりでなく、創業以来50年近く尿素プラントのEPCコントラクターでもあり、現在ベネズエラで尿素プラント建設プロジェクトを遂行中です。 このプロジェクトは、キューバにおける当社の最初のプロジェクトであり、当社は同国の尿素生産の安定供給に貢献してまいります。

受注概要

客先 キューベンペック社(キューバ政府とベネズエラ ペキベン社の合弁企業)
受注者 東洋エンジニアリング
役務範囲 尿素合成技術、大粒造粒技術のライセンス供与、基本設計図書作成
建設地 キューバ、シエンフエーゴス州カリチート
プラント完成予定 2014年
受注の意義
  • 当社としてキューバにおける最初のプロジェクトであること
  • 当社の尿素製造における2つの独自技術が顧客に選ばれたこと

(注) ACES21は、東洋エンジニアリング株式会社の日本における登録商標です(登録番号 4309123)。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム