バングラデシュ チッタゴン肥料工場 能力増強プロジェクトを受注2001年6月11日

バングラデシュ チッタゴン肥料工場 能力増強プロジェクトを受注

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬俊彦)は、このほどバングラデシュ化学工業公社(Bangladesh Chemical Industries Corporation = BCIC)との間で、同公社傘下のチッタゴン肥料工場(Chittagong Urea Fertilizer Limited = CUFL)能力増強プロジェクトの契約調印を行なった。

バングラデシュ国南部に位置するチッタゴン肥料工場は、TECが建設し1987年に稼働を開始したもので、現在日産1,000 トンのアンモニア, 日産1,750 トンの尿素を生産している。今回のプロジェクトは、このうちアンモニアの生産能力を20%増強するものである。増産されるアンモニアは、同工場内に建設予定のリン酸肥料プラントの原料として供給される。今回のプロジェクトは能力増強のほか環境対策、リハビリテーションもあわせたものとなる。なお、受注には三井物産株式会社の協力を得た。

建設地はチッタゴン市近郊の工業地帯に位置し、契約内容はプロセスライセンス供与(米国ケロッグ・ブラウン・アンド・ルート社の技術。脱炭酸部分は米国UOP社)、設計、機器調達、工事を含む一括請負契約で、金額は約76億円である。プロジェクトの完了は2003年夏を予定している。

TECは、チッタゴン肥料工場建設の他、数々のプロジェクトをバングラデシュ国内で実施しており、これらの実績が客先から高く評価されたものである。

BCICは同じくチッタゴン肥料工場内に大粒尿素プラントの建設計画も進めており、これまでの実績を踏まえ、大粒尿素のライセンサーでもあるTECの受注が有望視されている。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム