InterCorr International社よりオンラインモニタリングシステム(腐食、振動・性能)の独占販売権を取得2001年5月25日

InterCorr International社よりオンラインモニタリングシステム(腐食、振動・性能)の独占販売権を取得

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、英国と米国 に本拠を置くInterCorr International社(最高経営責任者:Kenneth. M. MacKenzie)との間で、同社がライセンスを持つオンラインモニタリングシステム(MENTOR system)の日本およびアジア地域における独占販売権を取得しました。

InterCorr International社の有する MENTOR system にはCHx、MENTOR-CM及びSmartCET/CETwareの商品群が存在し、それぞれ冷却水熱交の腐食・汚れ、回転機と往復動機の振動・性能、配管・静止機器の腐食を常時監視する機能を有しています。TECは、MENTOR system のシステム販売(日本以西・インド以東のアジア地域が対象)に加え、同システムを利用したコンサルテーションサービスを実施し、プラント建設後のサービス(プラント・クリニック)を展開します。

MENTOR system は、InterCorr International社が特許を保有する電気化学ノイズ法を用いることにより、全面腐食のみならず局部腐食をもオンラインで測定できるという特徴があります。また腐食データのみならず、温度、圧力といった運転データも取り込み記録することができ、腐食現象の解析および管理に役立ちます。

InterCorr International社は、世界有数の腐食管理システムのサプライヤーであり、かつ腐食コンサルティング会社です。旧社名は Integriti Solutions, Ltd. で1987年に設立され、本社は英国のディングウォールにありましたが、2000年9月に米国ヒューストンの腐食コンサルティング会社 InterCorr Internationalを買収し、社名を InterCorr Internationalへと改名しました。

InterCorr International社ではヨーロッパ、米国を主なマーケットとしており、今回の販売契約を通じて他地域への拡充を進めており、TECも現在、プラント建設後の運営・保守領域へのソリューションビジネスの拡充を進めており、その一つであるプラント・クリニックサービスの内容を充実させるという狙いがあります。すなわち、InterCorr International社の特徴あるシステムとTECの豊富なプラント建設の実績が相乗効果を生み、マーケット開拓を期待できるということで、今回の独占販売契約が締結されました。

今後ともTECは、プラント・クリニックのサービス内容をより充実させることによって、EPCのみならずプラントライフサイクルにわたって顧客の問題解決を推進していきます。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム