モノシラン製造設備建設プロジェクトを受注2009年7月13日

東洋エンジニアリング株式会社(取締役社長 山田豊)は、独エボニック インダストリーズの日本法人グループ会社であるエボニック モノシラン ジャパン株式会社(EMJ)から、EMJが三重県四日市市に計画する年産約1,000トンのモノシラン製造設備建設プロジェクトを受注いたしました。 東洋エンジニアリングは新工場の設計・機材調達・工事(EPC)を担当し、2009年内に着工を予定しています。新工場の稼動は2011年の予定です。

モノシランガスは、薄膜シリコン太陽電池や半導体産業における各種電子デバイスのシリコン膜形成に用いられる工業ガスで、今後需要拡大が見込まれています。

新工場はエボニック グループが欧州以外に建設するはじめてのモノシラン工場であり、太陽光発電などの環境技術に大きく寄与するものと期待されます。

受注概要

客先 エボニック モノシラン ジャパン株式会社(EMJ)
EMJは独エボニック インダストリーズの日本法人グループ会社
受注者 東洋エンジニアリング株式会社
対象設備 年産約1,000トンのモノシラン製造設備
役務内容 設計、機材調達および工事(EPC)
建設地 三重県四日市市
設備完成予定 2011年
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム