西アフリカ・アンゴラ向け洋上原油処理設備設計業務を受注2008年10月23日

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 山田 豊)は、三井海洋開発株式会社(MODEC、取締役社長 山田健司)系列のシンガポール法人MODEC Offshore Production Systems (Singapore)社より、浮体式海洋石油生産・貯蔵・積出設備(FPSO)に搭載する船上処理設備の詳細設計業務をこのたび受注いたしました。

本FPSOは英BP Exploration (Angola) Ltd.向けに納入されるもので、BP社が鉱区権を所有する西アフリカ・アンゴラ沖Block31鉱区の海洋油田開発に利用される予定です。

三井海洋開発株式会社はFPSO分野の実績で豪州、東南アジアにおいて圧倒的なシェアを誇り、最近ではブラジルや西アフリカでのシェアを拡大するなど世界トップクラスのコントラクターです。 同社とのアライアンス(協業提携)によるFPSO受注は今回で3件目。TECは、資源開発やFPSOといったUpstream分野の強化に取り組んでいます。今後も同社との協力関係をますます強化し、FPSO分野の受注拡大を目指していきます。

受注概要

客先 MODEC Offshore Production Systems (Singapore) Pte. Ltd.
(三井海洋開発株式会社系列 シンガポール法人)
対象設備 浮体式海洋石油生産・貯蔵・積出設備(Floating Production Storage and Offloading;FPSO)に関わる日量15.7万バレルの石油生産能力を持つ船上処理設備
係留地 アンゴラ沖、Block 31鉱区北東部、Plutao, Saturno, Venus and Marte ("PSVM") 油田
FPSO納入先 BP Exploration (Angola) Ltd. (オペレーター)
役務内容 詳細設計業務
生産開始予定 2011年
本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム