マレーシアからガスプラント近代化計画の基本設計業務を受注2001年4月13日

マレーシアからガスプラント近代化計画の基本設計業務を受注

東洋エンジニアリング株式会社(TEC、取締役社長 広瀬 俊彦)は、マレーシア国営石油公社 ペトロナス社の100%子会社であるエンジニアリング会社OGP Technical Services 社(本社:クアラルンプール)と国際コンソーシアムを組み、同国 PETRONAS GAS 社(PGB)が、トレンガヌ州ケルテ地区にて操業中の No.1 ガスプラント(GPP-1)とその付帯設備及びLPG出荷基地(ET-1)の近代化計画および新たに追加となるエタン製造設備の基本設計業務をこの程正式に受注しました。

今回受注したのは、1985年にTECが建設したガスプラントとその付帯設備及び出荷基地の能力回復、運転効率の向上を目指した改造計画およびエタン製造設備(年産 160,000 トン)の基本設計業務です。この近代化計画の内容は、既設のプラントが20年のプラントライフサイクルを迎えるため、必要かつ効果的な改造項目を洗い出す目的で昨年6月にコンソーシアムが受注した Study 業務の結果をもとにコンソーシアムが提案したものです。なお、基本設計業務は2001年9月末に終了予定となっております。

本基本設計業務は、マレーシアにおけるTECの石油精製・石油化学等数多くのプロジェクト建設実績および既存プラント建設で培った客先との良好な関係を背景としたTECの技術力の信頼性、価格面での正当性が認められたとともに、顧客の立場に立った経済性、効率性に関する提案が評価されて受注にいたったものです。

TECは、今回の基本設計業務の受注を足がかりに、今後さらにPGB社からの受注確保に向け積極的な営業活動を展開していきます。また本案件は、TECが中期経営計画の中で重点的に進めようとしているプラントのライフサイクルに着目した顧客サービスの成果の表れであり、今後とも同種業務の受注拡大に力を注いでいきます。

本ニュースに関するお問い合わせはこちらから承ります。
お問い合わせフォーム